泉が丘内科クリニック
 トップページお知らせ
お知らせ
診療案内
クリニックの紹介
交通案内
健康サポート
サイトマップ
  リンク

 

〒933-0826
富山県高岡市佐野892-1

電話.0766-27-0211
FAX.0766-27-0255

診療科 一般内科、腎臓内科、膠原病治療、透析治療

休診日 日曜、祝日、土曜午後

診察時間
9:00-13:00/14:30-18:30


お問い合わせ


 

お知らせ

●平成23年8月 今月の夕飯メニュー

望生会泉が丘内科クリニック栄養相談室

・手作り餃子
具材には、天かすとオイスターソースが入ってボリュームと旨味をアップしました。

・冷やし中華そば
「中華スープの素」を使った手作りスープにすると、市販の約半分の塩分になります。

 

(A)合びき肉(牛、豚) ・・・25g
(A)しょうが卸し・・・2g
(A)天かす・・・・3g
ねぎ ・・・5g
キャベツ・・・20g
調理酒・・・3g
オイスターソース・・・2g
かたくりこ・・・8g
餃子の皮(市販)・・・5枚(25g)
サラダ油・・・6g

 

(1)ねぎ、キャベツは刻んで(A)の材料とともにねばりがでるまでよく混ぜる。5等分しておきます。
(2)餃子の皮に(1)のたねを包んで、成型します。
(3)フライパンに強火で油を熱し、餃子を並べて表面にこんがりと焼き色をつけます。
(4)弱火にして、少量水をくわえてフタをし、しばらく蒸し焼きにします。

※まとめて作りおきがオススメです。
※市販のものと比較しての最大の利点は、食材がはっきりしている点と塩分が調整できる点です。

 

1個 エネルギー48Kcal、タンパク質 1.5g、カリウム 31mg、リン 14mg、食塩 0.06g

 

・冷やし中華そば(材料・1人分)

アプロテン中華麺1玉・・・40g
※鶏卵・・・10g
サラダ油・・・1g
トマト・・・20g
きゅうり・・・20g
(B)さとう・・・10g
(B)穀物酢・・・25g
(B)中華スープの素・・・3g
(B)ごま油・・・6g
プロチョイスマヨネーズ1袋・・・14g

 

作り方

(1)※でうすやき卵を焼き、星型に抜いておきます。
(2)トマトは半月、きゅうりは千切りにします。
(3)アプロテン中華麺は強火で6分ゆでたあと、水洗いして麺を冷やします。
(4)(B)で中華タレを作っておきます。
(5)(3)の麺の上に(1)、(2)の具材をトッピングします。食べる直前に(4)のタレ、マヨネーズをかけます。

※うすやき卵は油を多めに使うと、調理前後の重さがあまり変化しません。
※きゅうりは下処理で、塩もみ無しで使いましょう
※麺の増・減量はご自分のお腹に合わせて。あるいは、メニューの組み合わせに応じて。

 

1人分

エネルギー 379Kcal、タンパク質 2.2g、カリウム 111mg、リン 43mg、食塩 0.9g

 

低タンパク食事療法では、タンパク質の節約ぶんのカロリー補填が最重要点ですが、動脈硬化の予防などから、糖質中心主食に代表される米、いも、小麦のたんぱく質が調整されている食材やでんぷん食品)に代替食材をあてるのがオススメです。

レシピ集一覧に戻る


Copyright © Izumigaoka Medical Clinic. All rights reserved.