泉が丘内科クリニック
  トップページ健康サポート>カラダに効く食材
お知らせ
診療案内
クリニックの紹介
交通案内
健康サポート
サイトマップ
  リンク
 


〒933-0826
富山県高岡市佐野892-1

電話.0766-27-0211
FAX.0766-27-0255

診療科 一般内科、腎臓内科、膠原病治療、透析治療

休診日 日曜、祝日、土曜午後

診察時間
9:00-13:00/14:30-18:30


お問い合わせ


 

季節の健康トピック病気と治療の基礎知識エクササイズのススメカラダに効く食材

健康サポート

 

豆腐◎大豆のパワーで骨を強化

絹ごし豆腐や木綿豆腐、凍り豆腐や油揚げなど、さまざまな製法、加工品・関連品があり、料理に合わせてそれぞれの食感が楽しめる豆腐。季節を問わず安価で手に入り、そのまま食べても調理してもおいしい、身近な食材の一つです。中国を筆頭に、東アジアや東南アジアで広く食べられていますが、最近は欧米でも「tofu」という名で呼ばれ、人気の健康食品となっています。

豆腐の原料である大豆は、「畑の肉」といわれるほどタンパク質の含有量が多く、ほかにも多くの栄養素を含んでいます。豆腐は大豆の栄養素をほぼ引き継いでいるにもかかわらず低カロリーで食べやすいため、ダイエットや栄養補給にうってつけの食材です。

豆腐には大豆イソフラボンという成分が含まれており、これは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きを持っています。エストロゲンの分泌が減ると、のぼせや冷え、イライラ感などさまざまな更年期症状が現れます。骨のカルシウムが流出し、骨密度が低下するのもエストロゲンの欠乏が原因です。大豆イソフラボンを摂ることにより、更年期症状の緩和や骨粗鬆症の予防が期待できます。豆腐にはカルシウムが豊富に含まれているので、骨の強化にも効果的といえます。また、大豆に含まれるレシチンという脂質の一種には、血中コレステロールを低下させる作用もあります。

糖質が少なく低カロリーでダイエットに役立つだけでなく、骨や血管にも良い栄養素をたくさん含む豆腐。いろんな食材と組み合わせることが可能で、どんな調理法でもおいしくいただけるので、毎日のメニューに積極的に取り入れ、健康維持に役立てましょう。なお、豆腐を作る際、豆乳を絞って残ったかすが「おから」ですが、おからには食物繊維が多く含まれています。大豆の栄養を残さず摂り入れるには、おからも合わせていただくとよいでしょう。


ページの先頭に戻る


Copyright © Nikkei Medical Custom Publishing, Inc. All rights reserved.